生命保険は万一の時に本人ではなく遺族が受け取ることを主な目的とした保険で、死亡保険とも呼ばれています。

知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告
知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告

死亡保険とも言われる遺族のための生命保険

生命保険は被保険者が亡くなった時や高度障害になった時に受取人に指定されている人が受け取れる保険であることから、死亡保険とも言われています。日本人の生命保険加入率は高く、世帯主のほとんどが加入しています。
しかし言うまでもなく誰しも必要と言うわけではありません。世帯主であっても一人暮らしで身内のない人は、高度障害になった時に自分で受け取ることを目的にするのでなければ加入する必要はないとも言えるでしょう。逆に自分の収入で家族が生計を立てている場合はその必要性は高まります。最近は病気や怪我で入院した時に給付金が出る医療保険が人気ですが、これは病気や怪我をした時に本人が保障を受け取れる保険です。
生命保険は基本的に遺族が受け取る保険であるという点が大きく異なります。

一般的な居住用の不動産などの相続ではほとんど相続税が発生することはありませんが、極端に敷地の大きい不動産、価値の高い不動産を相続すれば多額の相続税が発生します。相続税を払えなくて泣く泣く不動産を手放すという話を聞いたことがある人も多いでしょう。たとえ分不相応に広くて贅沢な不動産であったとしても、相続税を払うために今まで住んでいた家を手放さねばならないというのは遺族にとって辛いことです。
こんな時にも生命保険は役に立ちます。医療保険と違って大きな額を受け取れる、という点で安心できる保険と言えるでしょう。掛け捨ての生命保険は損、というイメージを持たれる人も多いですが、必要な時だけ必要な保障を最低減の保険料で供えられる合理的な保険です。

Copyright (C)2019知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告.All rights reserved.