生命保険と死亡保険ってちがうんですよね。最近まで、あんまり意味っていうのはわかっていなかったですね。

知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告
知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告

生命保険と死亡保険ってまたちょっとちがう

結構、生命保険と死亡保険っていうのは、一緒のものなんだと思っていました。生命保険のなかに組み込まれていて、特に死亡保険っていうのに入らないといけないっていうのでもないと思っていたんですよね。
でも、これって、ちょっと別のものっていうのが最近わかりました。生保の中にも死亡のときの、補償っていうのはあるんですが、その額っていうのがあんまりなんだということも解りました。死亡保険っていうのは、そのときにしか支払うことのないものですが、金額っていうのも結構たくさんつけることができるので、家族のためにするっていうのではいいのではないでしょうか。なんで、世帯主っていう人は入る人が多い保険ではないでしょうか。

あんまり主婦でこれに入る人っていうのはいないんだろうなって思います。できたら、家族のためにはいるのがいいんでしょうが、結構保険料金っていうのは高いので、これを払っていくのっていうのは家計的にはきついなって思ってしまいます。主婦なら、生保も掛け捨てのものが多いでしょうね。そのなかで、死亡のときの保険もちょっともらえるんであれば、それでいいかなっておもう人っていうのは、多いんではないでしょうか。若い人も、そういうときのことまで考えて、個別に入るって言うのをする人っていうのは少ないだろうなって思います。生保だけでも十分な補償っていうのはあるので、この死亡の保険に入るのなら、やっぱり、家族がたくさんいる人かなって思います。

Copyright (C)2019知りたい!生命保険の死亡保険と余命宣告.All rights reserved.